お問い合わせ

 

info@rubyseaside.net

ソーシャルメディア

  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン

関西を拠点に活動する3ピースロックバンド、Ruby Seasideの公式HP。略称はルーシー。ライブやCDの発売情報など、Ruby Seasideの最新情報をお届け中。

LYRICS

街は死んでゆく/Ruby Seaside

 

水面が踊り風を仰いだ

知らない街に出かけた今日

娯楽に溺れ涙も見えないまま

そっと前髪下ろして

見にくい街を塞いでいた

数えるように息を吸う

いつから数え方をわすれたんだろう

流れるように人が歩いて

流れるように時が過ぎて

流れるように髪がなびいて

感情さえも見失って

それすら気付けないまま

愛し方さえ忘れた僕は

暖かい上昇気流で浮足立たったままのいま

街は死賑わって 誰にも気付かれず獣は泣いて

街は死賑わって 誰にも気付かれず獣は泣いた

 

今日も街は死に際で 君の面影を見た

街は死賑わって 誰にも気付かれず獣は泣いて

街は死賑わって 誰にも気付かれず

 

誰にも気付かれず街は死んでいく

誰にも気付かれず僕も死んでいく

誰にも気付かれず君も死んでいく

誰にも気付かれず獣は泣いた

世界の涙/Ruby Seaside

 

五月雨眠る獅子起きずに

ただ見上げた黒煙と窓

秩序だった現状

変わらないことに嫌気がさしてる

 

愛になって崩壊 束になって放題

娑婆にだって問題 作るために全壊

愛にだって問題 束になって限界

娑婆にだって後悔 作るために全壊

 

変わらないことが死を示してる

 

いつ何時たっても変わらない

世界に 嫌気がさしてる

五月雨眠る獅子起きずの

世界に嫌気がさしてる

 

五月雨眠る獅子起きずに

ただ見上げた暗い雨空

気づかないフリ繰り返した

そんな日々が続いてく

 

雨が降っても 誰も気づかない

狂い始めた 世界の涙を

傘を差さずに 1人笑う

君と交わした約束

 

いつ何時たっても変わらない

世界に 嫌気がさしてる

五月雨の下泣き続けた

自分に 嫌気がさしてる

善を終える/Ruby Seaside

 

明るい夜空が青を照らす

寂しそうに 時止まる深夜国道

気持ちとは裏腹の色を跳ねる

横断歩道で目を塞いだ赤信号

 

そう高くはない丘に登り

明日光さす日差しを願わなくば

隣で一緒に泣いてくれた

君を思い出す夜更け頭を抱えてた

色彩を失った僕の目が今また

鮮やかに染まる月のように

多分もうさよなら善が終わる

瞼の裏笑ってた君と青空 溢れる

 

色彩を失った空がまた青く染まって

また雲が隠すように

最後に恋をした君は笑ってて

ほしいと願い僕は善を終える

 

色彩を失った僕の心染まる

君の幸せを願っている

どうかもう忘れて歩みを止めないで

星に涙浮かぶ君と青空

 

笑ってて

さよなら

また会おう

ありがとう